親衛隊の装備品

ブラックコメディが効いてる!『ミケランジェロの暗号』から見るナチス親衛隊と制服

「戦場のピアニスト」「オデッサ・ファイル」「シンドラーのリスト」「ヒトラーの贋札」「ワルキューレ」などなど、ナチス時代を題材にした映画がたくさんありますが、その中で制服の上に着ているオーバーコートもナチス軍の制服として知られています。オーバーコートにも将校の間では流行があったようです。戦時中になれば人手不足となり、後方任務にあたるSS女性補助員も動員されていきます。もちろんSS女性補助員も制服が支給されています。

オーバーコート:mantel

制服のほかにオーバーコートが導入されたのは、黒服が導入された1932年からです。オーバーコートは前ボタンは一列が6個のダブルボタンになっていて、斜めの切り込みポケットが腰の部分の左右に付いています。後ろには、ナチ党型ハーフベルトと呼ばれる両端に離れたボタンで止められたハーフベルトが付いています。

基本的にオーバーコートの色は、下に着用している制服と同じ色のコートを着るのが原則になっています。1935年にSS特務部隊でアース・グレーの野戦服が制定されると、アース・グレー色のオーバーコートも制定されました。そして1937年に野戦服の色がフィールドグレーに変化したことによって、1939年に陸軍で使用されていたフィールド・グレーのオーバーコートが武装SSにも支給されました。陸軍オーバーコートは後ろのハーフベルトを中央のボタンで止めます。

はじめ襟がダークグリーンでしたが、1942年に襟がフィールドグレーになっています。陸軍のオーバーコートは襟章は付けてはダメでしたが、武装SSでは襟章を付けても大丈夫でした。ただ戦争が後期になるにつれて、襟章を付けない者が増えたようです。一般SSでは戦争の最後まで、オーバーコートに襟章を付け続けました。

将校はオーダーメイド

下士官兵士は支給されたオーバーコートを着用していますが、将校になるとオーダーメイドする者もいれば支給されたオーバーコートを着用する人もいました。冬の季節になると、将校の中で多く観られたのはオーダーメイドした革製のコートです。その他にも高級将校の間には、コートの襟の部分に毛皮をつけるのが流行ったといいます。実際に今も残っている写真の中で、襟元の毛皮をつけているオーバーコートを着用している将校の姿を確認することが出来ます。オーダーメイドの皮製のコートには、基本的に襟章は付けていません。袖章もあまり付けなかったようですが中には付けている者もいたようです。

オーバーコートが何色であっても、SS准将以上の階級の者が着用する場合には下襟にはかなり白に近い色のシルバーグレー色を入れて、開襟で着用するのが普通でした。SS将官の中には、襟の縁取りにシルバーグレーのパイピングを入れている者もいますが、これは特にパイビング指定がSSで規定してされていたわけではなく、あくまでも個人の好みでパイピングを入れていたようです。

SS女性制服

女性のSS女性補助員にはふたつの区別がありました。SS帝国学校を卒業した女性は「女性補助員」そしてそれ以外で動員した女性は「戦時女性補助員」です。戦時中にSSも国防軍と同じように、人手不足を補うために、SS女性補助員を動員しています。1943年にSS経済管理本部の命令では、後方任務に動員したのは「女性補助員」で、東部占領地域に派遣したのは「戦時女性補助員」になっています。

女性補助員の制服は、ネクタイを付けずに白いブラウスを着用します。ブラウスの上にフィールドグレーの背広を着ました。ジャケットの背広には、前ボタンが3つあり、左右の腰の部分にふた付きポケットがありました。そして左胸にもポケットが付いていました。このジェケットに付いているポケットは、どれも切り込み式のポケットになっています。スカートは背広と同じ色のフィールドグレー色でした。靴は黒い靴を履きます。

そして女性が被った帽子は、黒い略帽風の帽子です。帽子には男性SS隊員の略帽と違って折り返し部分がありませんでした。そしてSSのトーテンコップ:髑髏の帽章は付かずに、鷲章だけが付いていました。

「女性補助員」はSSのルーン文字が入った黒い布製パッチを胸ポケット部分に貼り付けています。通信を担当する者には、左袖に通信隊を示すブリッツ:雷光章を入れることもありました。その一方で「戦時女性補助員」の場合は、SSルーン文字のパッチは付けませんでした。SSルーン文字パッチをつけているか、つけていないかでSS帝国学校を卒業したかどうかが一目でわかるようになっていることが分かります。

制服にあわせる装備品

制服・帽子以外にも制服に合わせてベルトを留めるためのバッグルや、SS短剣やSS指輪などがあります。制服と一緒の装備品も支給のものなど、かなりそれぞれ趣向が凝らされています。ほかにも長剣などもあるので、それぞれどのような物になっているのでしょうか?!

バッグル

SSのベルトのバックルは、将校と下士官兵卒で違っています。将校のバックルは円形になっていてり、下士官兵卒は四角形のバックルになっています。将校用も下士官兵卒用もどちらのバックルのデザインには、国家鷲章が描かれていて国家鷲章の周囲にはSSのモットー「忠誠こそ我が名誉」「独語:Meine Ehre heißt Treue」の文字が入っています。ちなみに陸軍や警察のバックルには「神は我らと共に」「独語:Gott mit Uns」という文字が入っていました。この「忠節こそ我が名誉」という言葉は、1931年末にSSのモットーとして定められ、そしてモットーがそのままベルトのバックルのデザインに採用されました。

将校用の丸型バックルは外れやすくなっていたため、戦場には丸型バックルは不向きだったことから、陸軍将校がよく使用していた二本爪バックルの茶色ベルトを使用するほうが多かったようです。

SS短剣と長剣

1933年12月には、SSの短剣が制定されています。黒い鞘と柄の短剣になっていて、刀身にはSSモットーでバッグルにも彫られている「忠誠こそ我が名誉」「独語:Meine Ehre heißt Treue」の文字が短剣にも刻まれています。SS短剣は黒服や黒服のコートといったほかにも「伝統の制服」が着用した時に帯刀しました。この短剣は新規SS隊員全員に授与されましたが、この短剣はそれぞれの自己負担になっています。1933年に制定された短剣は、1940年に製造が中止されています。

1936年に、鎖付きになった1936年版の短剣が製造されました。この1936年に製造された短剣は、隊員で所持希望者が独自に購入する物でしたが、この短剣を買う隊員はあまりいなかったそうです。

そして、「名誉短剣」という短剣も3種類存在しています。1934年2月にSA幕僚長エルンスト・レームが、古参SS隊員9900人に授与した「レーム短剣」。1934年7月以降にヒムラーがSA粛清の功績者に与えた「ヒムラー短剣」、1936年に制定されたSS高官の誕生日に授与される「誕生日短剣」の3種類が名誉短剣になります。

1933年以降から、SSの将校と下士官は陸軍と同じ型のサーベルを自費で購入して帯刀することを許可されています。1936年にSSと警察専用の長剣が作成されていて、下士官以上であればいつでも購入できるようになりました。

SS短剣に名誉短剣があるように、長剣にも名誉長剣があります。士官学校卒業生やヒムラーが選んだ将校に送られた「親衛隊全国指導者名誉長剣」とSS高官の誕生日に、個人的にヒムラーが贈る「誕生日長剣」です。

私の最良の敵 Mein bester Feind

ホールはもちろん、中会議室、小会議室もございますのであなたの催事にあった施設をお選びいただけます。大阪でコンサートやセミナー等を開催される際はESAKA HALL http://www.esakahall.com/をぜひご利用下さい。

↑ ページの上部へ

ナチス親衛隊の制服

親衛隊の装備品

SS親衛隊名誉指輪

親衛隊が結成させるまで

Protection Squadron 親衛隊とは・・。